LINEは最強なのか

今回は数あるSNSの中でもLINEを出会い系として利用した際に最強ツールとなり得る可能性について論述して参ります。

【出会い系の基本】

まずはデータ面から考察して参ります。数多くの情報ソースがありますが、そのどれを見ても他のSNSと比較した際LINEの強さが際立っています。下記に4大SNSと言われるものを対象に比較したデータを記載します。
・LINE
 ユーザー数:6600万人〜6800万人
 月間アクティブ率:96.6%
・Facebook
 ユーザー数:2500万人〜2700万人
 月間アクティブ率:56.1%
・Twitter
 月間ユーザー数:3500万人〜4000万人
 アクティブ率:70.2%
・Instagram
 ユーザー数:1200万人〜1600万人
 月間アクティブ率:84.7%
ユーザー数に若干のレンジを設けておりますが、ユーザー数・月間アクティブ率のどちらの面から見ても突出しております。
出会い系の大原則でもあります「多くの母数がいること」を満たしています。そこのターゲットさえいれば、後は掘り起こし作業になるのですが、アクティブ率が異常に高いため、掘り起こし作業も他のSNSと比較した際にも容易であると言えます。

【ドメスティックさが仇に】

LINEでは、他のSNSと異なり不特定多数のユーザーにリーチすることができません。「友達」リストに入っている、もしくは「知り合いかも?」リストに入っていなければメッセージを送ることはできません。何らかの形でターゲットに接触しLINE IDやQRコードなどで友達リストに入れなければせっかくの母数の多さを活かすことができないのです。

【LINE掲示板という神】

この固まったメッセージツールだけを備えたようなSNSの潜在能力を一気に解放してくれるのが「LINE掲示板」です。
不特定多数の男女が書き込みを行い、LINE IDを表示させることにより直接LINEでのやり取りを可能にします。
結果的に掲示板であるため大量のサクラが紛れ込んでいますので、注意が必要です。
もう1点注意が必要なポイントとしてはLINE IDがなくQRコードを表示させている女性には注意が必要です。
18歳未満の未成年者である可能性が高いです。18歳未満がLINEを利用し出会い系サイトなどでツールとして使えないように配慮した結果IDが使えなくなっているようです。この障壁まで乗り越えてくる18歳未満の未成年者もいるためQRコードが全ての判断基準ではありませんが、必ず注意しておきましょう。

(まとめ)

LINEは最強の出会い系サポートツールです。あくまでも出会いを求めに行くのは「LINE掲示板」になります。
しかし、多くのLINE掲示板が乱立しているためサクラを掻い潜りながらではありますが、出会える可能性は高いと言えますが、安全性を考えるのでれば、出会い系ランキングサイト(潜入レポートあり)などに掲載されている、大手の出会い系サイトが良いでしょう。いろいろ、安全性を考えて、運営されているサイトですし。

PCでLINEをやることで得られる効用

昨今カフェなどで仕事をしているビジネスマンを見かける機会が多くなり、PCをカフェに持ち込んでいるだけで仕事ができる気分に陶酔しているビジネスマンから学ぶ、LINEをPCでやることで得られる効用を論述して参ります。

【自分に陶酔することの大切さ】

ナルシストな男性は女性からだけでなく同性からも多くの避難を受けます。しかし、出会い系をやるからには少しばかりはご自身に自信がなければ女性と上手くコミュニケーションが取れるとは言えないでしょう。例え、勘違いであったとしても自分に自信を持つことで、道端に落ちているような女性を拾い集めることができます。
そして、このような道端に落ちているような女性は素早いレスポンスを必要としています。心に抱えている闇が大きいか援助を希望しているためスピード勝負なのです。できる男を気取っているビジネスマンの多くはPCに触れている時間だけは長いため、PCで返信されるLINEのスピードも異常に早いと言えます。
このナルシストぶりから来る返信の速さは我々も学ばなければなりません。

【機会損失を減らす】

この手のビジネスマンは忙しい振りも忘れていません。常に仕事が自分を求めていると勘違いしているため、何気ない電話であっても、会話の内容をカフェの客全員に聞いて欲しいと考えています。また、電話の最中であってもPCを触り続けていることを周囲にアピールすることが重要であるためイヤフォンで会話をするという特徴があります。
これにより、あいた両手で電話中に到着したLINEへの返信をPCから行うことを可能にします。
女性とのやり取りの中で機会損失を最大限回避するという点において、これは非常に有効であると考えられます。
仮にトイレに立ちPCを離れた時であってもイヤフォンで会話をしているということは最悪スマホからLINEの返信が可能です。
一旦LINEを始めた女性とのコンタクトが途切れがちな我々は反省しなければなりません。
敢えてPCで

【気持ちを切り替える】

待ち合わせ当日においても、女性を待っている間に届くLINEの返信をPCで行っているということは自分への陶酔力を向上させ待ち合わせ場所に現れる女性は、そんな自分の姿を見て股を開くに違いない。と勘違いしています。
この時点で既に心理状態で女性よりも優位に立っており、仮に女性が待ち合わせ場所に現れなかったとしてもこういったナルシストなビジネスマンは、次に臨むために気持ちの切り替えがLINEの返信以上に早いと言えます。
常にミスマッチングが起こり得る出会い系サイトにおいて、一喜一憂している暇はなく一刻も早く新たな女性へ気持ちを切り替えることを必要としています。この観点からも、できるビジネスマンを装っている男性から学ぶ必要がります。

(まとめ)

ほとんどの男性はLINEはスマホでやっています。しかし、これを敢えてPCで行うことで出会い系で知り合った女性への
レスポンススピードを上げ、機会損失を回避するだけでなく心理的に優位に立てるという効用があります。
その多くの男性の使用しているPCはMacだと言えます。何事も形から入るということも出会い系で出会う女性を
落とすにあたり大切な要素なります。隣に座ったビジネマスマンのPCを1度覗き込んでみて下さい。

出会いたいのであればサクラに学べ

今回はLINE掲示板に潜むサクラから我々が学ぶべき、女性と出会うための心構えについて論述して参ります。

【圧倒的なコメント量】

LINE掲示板に潜むサクラは、まず大量の撒き餌を行います。ひたすらに掲示板にコメントを書き込み、その内容で男性を引きつけようとします。経験者は明らかにサクラだとわかるような内容であっても初心者を狙ってのことか、異常に性描写を押し出している大量のコメントを掲示板に書き込んでいます。
これは、我々男性も見習うべきところがあり、とにかく多くの女性に対しアプローチをするということです。男性からのアプローチは「待ち」ではなく「攻め」から始まりますので、サクラのように撒き餌をすることはできませんが
LINE掲示板の全コメントにメッセージを送るような気概で進めなければなりません。サクラだろうが援デリ業者だろうが一旦は全て網に入れてしまい、返信があった中で選別を行うという作業が必要になるでしょう。
掲示板のコメントからサクラだと判断しメッセージを送らないということは機会損失に繋がる恐れがあります。
サクラの貪欲なまでのコメント投稿量に学ぶべきところがあります。

【目的意識の強さ】

LINE掲示板のサクラとやり取りをしていると全く話はかみ合いません。ロボットと話をしているかのように感じることもあるほどです。
こちらが「サクラでしょ?」と聞いたところで「そう言えば昨日私家でオナニーしてて、その動画あるんだけど見たい?」と質問してきます。全く男性の話など聞く気もありません。そして3回目〜4回目のメッセージで必ずと言って良いほど出会い系サイトのURLが貼られたメッセージが送信されてきます。マニュアルでもあるかのように、3回目〜4回目です。
その添付されているURLは、多くの場合同じ出会い系サイトが開くのですが、全く別の出会い系サイトであってもサクラは同じ行動をとります。
サクラは多くの男性とメッセージのやり取りをしたいのではなく、貼り付けたURLを開かせ出会い系に登録させるという高い目的を遂行したいのです。この目的を達成すべく地道に同じ作業に励んでいる姿から、我々も学ばなければなりません。
女性とSEXがしたいという目的があるのであれば、それに向かって手段を選ばず進む必要があるのではないでしょうか?

【耐え忍ぶ心】

お金を稼ぎたいという欲望が突き動かしているのでしょうが、サクラであっても人間です。好き好んで見知らぬ男性とLINEでメッセージをしているわけではありません。恐らく内心は不快なはずです。しかし、彼らはメッセージをやめることをしません。日本人の「忍耐」という心を持っているからではないでしょうか?日本を象徴する花である「サクラ」と言われるだけのことはあり、彼らがクールジャパンと言っても過言ではありません。
我々も出会った女性の容姿が殊の外、崩壊していたとしても、その場から逃げ出すことは許されません。据え膳食わぬは男の恥とよく言ったもので、男として廃れてしまいます。SEXをしたいという欲望に突き動かされている限り、耐え忍び女性を抱き続けなければなりません。次に出会える女性が美人であることを信じて我々も強い忍耐力を持ちましょう。

(まとめ)

我々は、ついサクラを非難しがちですが、少し立ち止まって考えてみて下さい。我々が女性にしていることはどうでしょうか?
SEXをして姿を眩ませる行為など、人に褒められるようなことではありません。
そんな我々がサクラを非難して良いのでしょうか?
サクラのいない出会い系などは出会い系ではありません。マッチングアプリなど堅苦しくていけません。
冷々するような緊張感こそが出会い系の醍醐味と言えます。逆にサクラを慈しみ、その手法から学び、次のSEXに活かしていきましょう。

出会い系サイトでのLINEの必要性

今回は出会い系サイトで女性に出会う際の費用対効果を高めるためにLINEが必須アイテムであるということについて論述してまいります。

【課金ポイントを抑える必要性】

多くの女性と出会うには下記の項目が必須となります。列挙し説明を加えていきます。
①場所
多くの女性にリーチできる優良な出会い系という土壌を持っていなければ出会える可能性を低めてしまいます。
確率が同じであってもリーチできる母数を増やすことで、抱ける女性の数も増加します。
②時間
ここでは効率性とも言い換えることができます。多くの女性にリーチできたとしてもサクラに惑わされていたのでは効率性が下がってしまいます。サクラとのやり取りで時間を取られてしまうと、本来抱ける可能性のある女性を逃してしまうことになり機会損失になってしまいます。
③経営資源
優良な出会い系サイトであればあるほど、女性と出会える確率は高くなります。しかし、優良であるサイトには必ずつきまとう問題としては「課金ポイント」があるということです。我々の経営資源は無尽蔵に供給されているわけでは
ありません。限られた費用の中で最も効果を上げる必要があります。

ここでLINEは「③経営資源」において最も重要な役割を果たします。優良と言われる出会い系サイトの中で、ターゲットといつまでもメッセージのやり取りをしていては経営資源が枯渇してしまします。
さらに、1人の女性に掛けることができるコストが多ければ、他の女性にアプローチできるコストを失ってしまい機会損失に繋がってしまいます。
出会い系サイト内でメッセージを行っている女性は早期の段階で無料でのコンタクトの場へ引き出す必要があります。
これに応じない女性もいると思いますが、主戦場をLINEに移すことを拒むくらいであれば、抱く必要はありません。
他の女性へフォーカスを切り替え交渉を進めるべきです。LINEでやり取りするリスクは女性には皆無と言って良いのでLINEへの移行に応じないようなお高くとまっている女性は放っておきましょう。

【レスポンスを高める重要性】

優良出会い系サイト内でメッセージには、もう1つリスクがあります。メッセージの到着確認はサイトにアクセスを必要とします。また、メッセージ到着時にスマホが着信音を鳴らすということもありません。これはメッセージ返信の
遅延を招きかねない事態を引き起こします。返信が遅延してしまっている間に女性が他の競合に抱かれている可能性を考慮すると確実に到着したメッセージへは返信する必要があります。
これを実現するためにもLINEでのやり取りに移行しておくことが重要であると言えます。

【匿名性の高さ】

LINE登録時にはFacebookのような実名制を求められることもありません。もっと言えば居住地や年齢が表示されることもありません。この匿名性の高さを活かさない手はありません。
いざ、メッセージを始めた女性に対しアプローチをする場合、自分のプロフィールはどうとでも偽れます。出会った際、女性に落胆されない程度に嘘をついて下さい。

(まとめ)

出会い系サイト利用時にLINEを活用すると上で述べたような効果が得られます。全てが効率性に繋がっており、1人の女性を抱くまでに掛かる費用を抑えることができます。また、目に見えない「時間」という費用も圧縮できる効果も得られます。
損益分岐点を下げるためにも必ずLINEをインストールしておきましょう。

季節限定LINEの棚卸で実行可能な出会い系

今回は季節限定ではありますがLINEを使った女性との出会い方について論述させていただきます。そもそもLINEは出会い系のサポートツールとしては最強ではありますが、それだけではただの通信機能を有しているツールに過ぎません。外部とのコンタクトを行うためには友達登録が必要になるという面倒さがあります。
こういった点も考慮しながら、限られた方向けにはなりますがLINEのみを駆使した出会い方について述べてまいります。

【春は異動の季節】

サラリーマンであれば全ての異動が3月に行われるというわけではありませんが、春季に異動が発表される企業が多いと考えられます。この「異動」には恐らく転居が伴いますので、それまで居住していた地域を離れるということが非常に重要な要素が含まれてきます。

【知り合いかも?の棚卸】

転居を伴う異動が決まった際は、LINE内の「知り合いかも?」を全て棚卸することで思いもよらない掘り出し物や、懐かしの思い出の品に再会できる可能性があります。
要するに、異動前で土地を出て行く前に、その土地の女性を正式にヤリ逃げしてしまおうという手法になります。この棚卸で得られる効果は「軽く顔合わせした程度の女性」へアプローチできる可能性があるということです。もし、その女性があなたの周囲の人間関係に影響を及ぼすような立ち位置であったとしても、今後の人間関係が崩壊しても良いはずです。
この女性へのアプローチには下記の3点が効果的であると考えられます。
・「最後だから」というお願いする
・「寂しい」と同情を乞う
・「実は好きだった」と嘘をつく

いずれもターゲットの女性を動揺させる効果があるものばかりであり、その動揺の隙に股を開かせるというものです。

【注意点】

近い人間関係の中の女性とはいえ身内が含まれている可能性があります。身内へのメッセージ送信により、あなたの愚行が露呈されてしまうことだけは避けましょう。しっかりと身内か否かの整理だけは行って下さい。

【できてしまっても良いという事実※お取り扱い注意※】

2度とその女性に会うことはありませんので、仮に避妊しなくとも外で出さずとも構いません。それで何かあったとしてもあなたはその土地から離れてしまっているので責任の追及のしようがありません。そもそも異動前だからという理由で股を開くような女は、他の男性にも股を開いているので、あなたの責任かどうかは不明です。
心置きなく普段は味わえない快感に溺れてみても良いのではないでしょうか?

(まとめ)

これまで、ヤリ逃げした女性にバッタリと繁華街で出くわしてしまったというケースはありませんでしょうか。同じ地域内でSEX後に姿を眩ませると、こういった危険性が伴いますが、その土地から離れてしまうということが決まっていればどうでしょう?
最後のダメ押しと言わんばかりに思い切りアプローチすることができると思います。この貴重な一時的なモラトリアムのような時間を大切にし、普段はサポート役に回ってしまうLINEを最大限活用して「知り合いかも?」の中から女性を見つけてみて下さい。

ゲームアプリをレバレッジとしたLINE掲示板活用法

今回は、LINE掲示板の中でもゲームアプリの通信プレイを募集しているものを活用することで得られる効用について論述してまいります。

【通信プレイを楽しみたいという隠れ蓑】

ゲームアプリの中では、他人と通信プレイにより得られる報酬が高くなるシステムを設けていたり、部分的にではありますが単独プレイができず複数の通信プレイでのみ挑戦できる制限があるようなケースがあります。もちろん友人が豊富であり通信プレイに不自由を感じない場合もあると思いますが、一概のそうとも言い切れません。
時間的な都合など様々な事情でLINE掲示板で一緒に通信プレイに臨んで欲しいという書き込みが垂れ流されています。
ここにで女性を抱くにあたり光が見えます。具体例を列挙し説明を加えていきます。
・ゲームアプリの通信という健全性の嘘
 通信プレイできる友人がいない女性をターゲットとし、親切心から近付くことができます。出会いを求めている素振りを見せず女性とコンタクトできる機会は非常に貴重と言えます。
・熟練者に向けられる羨望の眼差し
 これはゲームアプリの習熟度が問われますが、熟練しているプレイヤーには一定の尊敬の念が沸くものです。
 通信プレイを望み掲示板にまで書き込みをしているということは、それなりにゲームアプリへの執着が高いためクリアしたできた時には感謝されるでしょう。またゲームアプリの習熟度に比例して女性が相手に抱く印象も高くなることが予想できます。
・ザイオンス効果
 これも習熟度によりますが、難易度の高い設定をクリアすることができれば、1度で通信プレイを終えるということは考え辛いです。これにより何度もともに通信プレイをすることで、非現実世界の中でザイオンス効果が生まれます。
 また、ゲームアプリ初心者とのプレイはクリアを困難にするという側面から見ても初心者の希望に応じる熟練者は少ないと考えられます。もし、あなたの習熟度が高くない場合は、初心者にフォーカスすることをお勧めします。
 競合が少ない相手に敢えて参入することで、リピーターとして確保することができます。

【通信プレイを求める女性の闇】

通信プレイを掲示板に求めることには複数要因があります。
・ゲームアプリを周囲に勧めるだけの発信力がない
・そもそも友人が少ない
・時間帯が不規則な就業事情である

やはり日常生活において気のおけない友人と頻繁に接触する機会が少ないと言えます。こういった女性こそ、心に隙間があるため恰好の的に違いありません。ただし注意が必要なのは、本ケースにおいてはコミュニケーション能力が低い女性という可能性が付きまといます。これは女性に限りませんが容姿に比例してきます。ゲーム好きに美女は数多存在するでしょうがコミュニケーション能力が欠損している女性は容姿が崩壊している可能性があります。
このリスクを含みつつ、女性の素性の見定めるスキルがゲームの習熟度よりも問われてきます。

(まとめ)

この手法は女性の警戒心を低くするという効果を元に出会える可能性を飛躍的に高めてくれます。しかしながら出会ってみると地球外生命体だったという危険性を伴います。一通り女遊びを経験をし、未知との遭遇も厭わないという上級者にお勧めかもしれません。

ティッシュ配りに学ぶ広告宣伝を活用する荒手の出会い方

今回は繁華街などでよく見かけるティッシュ配りから学びLINEで出会う手法について考察して参ります。

【時代遅れの中に隠された効果】

皆様はティッシュ配りにどのような印象を持たれるでしょうか?誰でもできそうな仕事、時代遅れ、アナログ、様々な感想を持たれると思いますが、そのどれもがネガティブな意見だと思います。しかし、そのネガティブな印象を多くの方が感じられるにも関わらず、なぜティッシュ配りはなくならいのでしょうか?
それは、広告宣伝という点において一定の効果があるからです。ティッシュは必ず必要なもので誰が貰っても不要になりはしません。そこに申し訳なし程度の広告宣伝のチラシが1枚挟まっているという非常に分かり易い広告宣伝がなされています。
では、下記で具体的な戦略を策定する上で必要となる3つのネガティブ印象について、考察しておきます。
・誰にでもできる仕事
 誰にでもできるということは大変重要です。あなたにも実行できるということです。
・時代遅れ
 誰も、その手法を使おうとしません。競合が少ないということです。
・アナログ
 アナログこそ最強です。デジタルは融通が利かず人間の機微に反応することができません。結局は人間が判断することです。

【具体的戦略の策定】

まずは繁華街で多くのティッシュを集めて下さい。そうすることで初期費用を0に抑えることができます。
そして、そのティッシュに挟まっている広告チラシを抜き取り裏面を見てみましょう。多くは白紙だと思います。
そちらにあなたのLINE IDを記入し、もう1度ティッシュに戻して下さい。ここまでで準備は完了です。
後は。そのティッシュを持って繁華街へ繰り出して下さい。あなたはティッシュ配りの中に混じり、綺麗な、あなた好みの女性が通りかかる度に、そのティッシュを配ってみましょう。
誰にでもできる仕事です。しかし、誰もやろうとはしません。ここに競合の少なさによる、あなたの優位性が生まれます。
そのティッシュを受け取った女性はどう感じるでしょう。初めは「?」という顔をするでしょうが、面白がって笑ってくれる女性もいます。あなたはLINE IDとともに気の利いたメッセージやジョークを加えておくと女性の反応も上がります。
これこそ、アナログの勝利なのです。デジタルでは必ず達成できないティッシュ配りによるLINE ID配布よりドメスティックであったLINEが解放され、あなた好みの多くの女性にメッセージとして届きます。

【応用していくこと】

これを更に応用していくと、広告チラシのポスティングに学ぶこともできます。集合住宅によってはポスティングが禁止になっているところもありますが、深夜や早朝などにポスティングしていく業者は多いです。
あなたが先ほど作った気の利いたメッセージとともにLINE IDの入ったティッシュを集合住宅に配布してみるのも良いでしょう。
より効果を上げるために1ルームなどの女性限定マンションに狙いを定めると独身女性に届く可能性があります。
WEB上で、女性限定マンションの情報など山ほど検索可能です。
ここで、1点注意なのですが、ポスティングは犯罪ではありませんが、荒手すぎる犯行で不信感を感じた女性が警察に通報する可能性があるということです。あなたが罪に問われる可能性は住居不法侵入くらいでしょうが、リスクを伴う出会い方になると考えられます。

(まとめ)

LINEは出会い系のサポートツールとしては最強なのですが、それ自体が誰かと繋がる力は弱いです。いかに出会い系でいうところのメッセージ送信を行い女性にアプローチを掛けるかについては、街頭でのティッシュ配りから学ぶべきところが非常に多いと言えます。断られても諦めずにティッシュを配り続ける健気さは出会い系でメッセージを送る姿によく似ています。ぜひ参考にしてみて下さい。

売れない営業マンこそLINE掲示板をやれ

今回は多くのサクラが手ぐすねを引いて待ち受けるLINE掲示板にこそ、営業マンが陥るスランプを抜け出す方法が眠っていることについて論述して参ります。

【営業マンに最も大切なこと】

営業マンにとって最も大切なことは何でしょうか?多くの回答があると思います。「清潔さ」「誠実さ」「タスクの処理能力」「臨機応変に優先順位をつける力」「取引先との信頼関係」多くの営業マンの方がご自身なりの回答をお持ちかと思います。
しかし、全て生温い回答であると言わざるを得ません。ここで回答を述べてしまうと、今回の95%の論述が終わってしまいますが、敢えて冒頭で申し上げます。

正解は「アポイント」です。

上記で様々申し上げましたが、全て顧客となるクライアントあって成立するものです。そのクライアントとの接点を取りにいくこと、つまり約束を取り付けることこそが営業マンとして最も大切な要素です。

【スランプはなぜ起こるのか?】

多くの営業マンが陥ってるスランプはなぜ起こるのでしょうか?それは「アポイント」が不足しているからです。
営業とは確率論であり、1%の成約率であっても100人とアポイントを取っているか、10,000人とアポイントを取っているかによって売り上げは100倍差が開いてきます。
さらに、10,000人とのアポイントを取り付けていると必然的に様々な顧客へのクロージング方法を体得できることができ成約率も1%から2%、3%へ徐々に上がってきます。
アポイントさえ取り付け、そこに向かって機械的にアプローチを続けているとスランプに陥ることは理論上ありません。

【広いテリトリー】

前途したように、営業マンが売れる営業マンとして活躍するためには多くのアポイントが絶対条件であると述べましたが多くのアポイントを取るためには広いテリトリーを持っていることも重要です。
最も確実なアポイントは既存客からの「紹介」であるとお考えの営業マンがいらっしゃいますが、この考えは二流です。「紹介」はドメスティックな中で情報が行き来しているだけで、新しい扉をノックすることには繋がりません。「紹介」に頼っていると、いつしか市場を食い尽くしてしまい、気が付いた時には新しい扉をノックする方法を忘れてしまっています。
そもそも女性を抱くということ置き換えると抱いた女性から「紹介」などは絶対に出てきません。

【充分な市場】

LINEは日本国内の人口の半数以上がインストールし、そのほとんどのユーザーがアクティブに活用しているSNSです。
この既得権益に群がるLINE掲示板の裾野の広さは桁違いであり、他の出会いツールとは比較できないほどのサクラが暗躍しています。このサクラ包囲網を掻い潜りながらアポイントを取り付けるということは困難を極めるでしょう。
さらに、いざ出会えたとしても様々なカーストに所属している女性が出会いを求めているため、臨機応変にご自身の持てる引き出しを開けていかないことには多くの女性を抱くことはできません。
どこよりも厳しい環境下でありながら豊富な女性を抱えて、来る男性を拒まないLINE掲示板という懐の深いツールを使わない手はないのではないでしょうか?

(まとめ)

出会い系で出会った女性1人抱けない営業マンに、クライアントを口説き落とすだけの魅力があるとは考えられません。
逆に出会い系で疑似体験した営業力があれば取引先を新たに開拓することなど容易なのです。
初めは上手くいかないかもしれませんが、所詮は出会い系なのです。クビになることもありません。
本番は勤務先の営業なのです。選り好みせずLINE掲示板でとんでもない女性に出会ってご自身の技術を磨いて行って下さい。

地方都市の出会いを救うLINE掲示板

今回は人口の一極集中が進む日本において、地方都市での出会い系難民を救う可能性があるLINE掲示板について論述して参ります。

【得られない人口ボーナス】

出会い系の鉄則でもありますが、多くの登録者を必要とするということにおいて地方都市は厳しい状況に立たされていると申し上げても過言ではありません。大手の優良出会い系サイトであっても地方都市は登録者自体が少なく、連日同じ女性と思しき援助を求めるコメントが列挙されています。
何度も、この女性をリピートするわけにもいきませんので、新規の女性を探す必要があります。しかし、プロフィールなどから検索したところで、既に活動を終えて登録だけが残っている女性が多く登録されてしまっているケースが多いです。
そもそも人口が少ない地方都市では狭いエリアを回遊魚のように同じ女性が巡り巡っているという状況で、完全に売り手市場になってしまっています。

【誰しも使っているツール】

人口が少ない地方都市とは言え、女性は0ではありません。また、多くの若年層の女性はLINEを使っていると考えられます。
この2つの観点からLINE掲示板は地方都市の出会いに風穴をあけることができる出会い系であると言えます。
掲示板に書き込むを行うにあたり、特に登録を必要とすることなく気軽に自分のLINE IDとコメントを書き込むことができるLINE掲示板は、多くの女性が書き込めるチャンスがあります。
狙いが援助であったとしても地方都市の男性としては新規の女性にアプローチできる機会があるという点においては画期的なシステムではないでしょうか?

【地域が細分化されている板も】

書き込みする際、地域を選択できるLINE掲示板があります。都道府県別になっているところが多く、それ以上に細かく細分化ができているLINE掲示板にお目にかかったことはありませんので、同一県内や県境にお住まいの方であれば隣県の掲示板に狙いを定め女性の書き込みを探してみると良いでしょう。ただし、北海道は広大な土地を持っているので注意が必要になるかもしれません。
書き込み件数自体は東京と比較すると少ないものの、比較的活発に女性のコメントを確認できます。出会い系サイトの場合現在活動を休止している女性へアプローチしたところで、出会い系サイトにアクセスしない限り男性のアプローチは届きませんが、LINEであれば比較的に過去のコメントに対しアクションを起こしても確実に女性にLINEが届きます。
これについても考慮するとLINE掲示板を活用することで得られる効果は高いのではないでしょうか?

【避けては通れないもの】

まずはサクラでしょう。必ずサクラが潜んでいます。全体の80%はサクラかもしれません。そして援助希望の女性も多いです。
サクラとはどうやっても出会えませんが、まずは援助希望の女性から出会ってみましょう。その中で価格交渉に応じる女性や男性の技術により無料となるケースも0とは言い切れません。セフレ希望の女性を探すことよりも数が多い分、援助希望の女性には出会える可能性が高いです。そして援助希望の中で揉まれることで高い技術を習得できるのは間違いありません。援助希望女性は世知辛い世の中を身を以て教えてくれる良き教師とも言えます。

(まとめ)

地方都市での出会いは、ますます厳しさの様相を強めています。そしてマッチングアプリの台頭により真剣交際という堅苦しさが男性を苦しめ登録への気概を削がれてしまいます。もっとフランクにSEXを楽しむためにもLINE掲示板は
地方都市を救ってくれるツールだと言えます。
ブラジルが、なぜサッカー王国と呼ばれているかご存じでしょうか?少年時代に恵まれない過酷な状況下で鍛錬を積んだことにより足元も技術が上がったからであると言われています。地方で出会い系に女性が少ないと嘆く気持ちも理解できますが
過酷な状況下で研鑽を積むことで習得できる高い技術があります。是非目先の女性だけでなく、ご自身のスキル向上も考慮しながらLINE掲示板で多くの女性にアプローチされることをお勧めします。

超上級者向け!LINEで出会う荒技

今回は超上級者向けのLINEを活用した出会い術について論述してまいります。

【必要となるスキル】

今回の出会い術で女性と出会うには、いくつか必要となる特殊なスキルがあります。
・運
・瞬発力
・勇気
・笑顔
・仲間
(必要に応じて)
逆にこれだけあれば、女性と出会えてしまう荒技となります。一つずつ考察して参ります。

【運】

本ケースにおいては、運が非常に重要な要素になります。どういった運が必要か申し上げます。
合コンや女性同士の飲み会の近くの席に居合わせる、もしくは通りかかる運が必要なります。
LINEには「ふるふる機能」という友達になるための機能が備え付けられております。
この「ふるふる機能」を利用しLINEで繋がろうとしている女性に遭遇できるのであれば道端でも良いのですが、ケースとして多いのは合コンなどが開催されている居酒屋などでしょう。
世の成功者の言葉には「運までも引き寄せる。そういった努力が必要です。」というものがありますので頻繁に居酒屋に出入りし、または繁華街を徘徊し「ふるふる機能」を使っている女性を見つけ出す努力が必要なのかもしれません。

【瞬発力】

上で述べたシーンに出くわすことができれば、一瞬で間合いを詰める瞬発力が必要です。
「ふるふる機能」が有効は距離は一般的に1〜2m以内と言われています。
この間合いに入り込む瞬発力が重要です。

【勇気】

上で述べたシーン、そして間合いを詰めたとして勇気がなければ、あなたは女性と出会うことはできません。
勇気を持って「ふるふる機能」を起動させたままスマホを「ふるふる」して下さい。
また、合コンなどであれば競合となる男性が目の前に存在します。その存在にも恐れることなるスマホを「ふるふる」する勇気が必要となります。

【笑顔】

ここまで、論述すると、女性のLINEを盗み取るような行為だと非難を受けるかもしれませんが、正確に申し上げると盗みは働いていないのです。
盗むという行為は、相手の所有物を不当に占拠し所有者が使用できないような状況です。今回のケースには当てはまりません。
どちらかというと、入り込む作業に近いです。結局的に出会うという目的を達するためには手段を選んでいる場合では
ありません。女性に不快な表情をされても、一緒にいる男性に殴りかかられようと最後まで笑顔を貫き通してください。
悪いのは手段を選ばない我々なのです。

【仲間】

上で述べてきた「ふるふる機能」の活用術を1人で行うと、何らかの危険を伴います。また私の経験則ですが、この女性にLINEを送っても、ほとんどのメッセージが既読にすらなりませんでした。恐らくブロックされてしまったのでしょう。
これを危険を伴わず、返信の確立を上げるために必要な最後のエッセンスは「仲間」です。
例えば居酒屋など敢えて女性に近い席を選択し着席します。そして虎視眈々を「ふるふる」の機会を待ちます。
そしてようやくチャンスが到来しそうな気配を察すると、友人と「LINE交換してなかったね」と芝居を始めるのです。
「交換しとこう」と芝居を続け、女性がスマホを「ふるふる」させたのに合わせ我々もスマホを振り始めます。
そして、成功した時には「知らない人が入っきた」と芝居を続けて下さい。
お酒が入っていれば笑って許してくれる人がほとんです。
上で述べた4つ全ての要素を土台にした上で成立する荒技です。ただ仲間を連れて行ったところで、怖気付いてしまっては元も子もありません。

(まとめ)

そもそもLINEは出会い系ではありません。不特定多数の女性にアプローチすることは困難です。出会いをサポートするツールとしては、どのSNSよりも力を発揮しますが出会いの場を求めなければいけません。
その場を切り開けるか否かはあなたの腕一つと言えます。超上級者の方、ぜひ参考にしてみてください。