ティッシュ配りに学ぶ広告宣伝を活用する荒手の出会い方

今回は繁華街などでよく見かけるティッシュ配りから学びLINEで出会う手法について考察して参ります。

【時代遅れの中に隠された効果】

皆様はティッシュ配りにどのような印象を持たれるでしょうか?誰でもできそうな仕事、時代遅れ、アナログ、様々な感想を持たれると思いますが、そのどれもがネガティブな意見だと思います。しかし、そのネガティブな印象を多くの方が感じられるにも関わらず、なぜティッシュ配りはなくならいのでしょうか?
それは、広告宣伝という点において一定の効果があるからです。ティッシュは必ず必要なもので誰が貰っても不要になりはしません。そこに申し訳なし程度の広告宣伝のチラシが1枚挟まっているという非常に分かり易い広告宣伝がなされています。
では、下記で具体的な戦略を策定する上で必要となる3つのネガティブ印象について、考察しておきます。
・誰にでもできる仕事
 誰にでもできるということは大変重要です。あなたにも実行できるということです。
・時代遅れ
 誰も、その手法を使おうとしません。競合が少ないということです。
・アナログ
 アナログこそ最強です。デジタルは融通が利かず人間の機微に反応することができません。結局は人間が判断することです。

【具体的戦略の策定】

まずは繁華街で多くのティッシュを集めて下さい。そうすることで初期費用を0に抑えることができます。
そして、そのティッシュに挟まっている広告チラシを抜き取り裏面を見てみましょう。多くは白紙だと思います。
そちらにあなたのLINE IDを記入し、もう1度ティッシュに戻して下さい。ここまでで準備は完了です。
後は。そのティッシュを持って繁華街へ繰り出して下さい。あなたはティッシュ配りの中に混じり、綺麗な、あなた好みの女性が通りかかる度に、そのティッシュを配ってみましょう。
誰にでもできる仕事です。しかし、誰もやろうとはしません。ここに競合の少なさによる、あなたの優位性が生まれます。
そのティッシュを受け取った女性はどう感じるでしょう。初めは「?」という顔をするでしょうが、面白がって笑ってくれる女性もいます。あなたはLINE IDとともに気の利いたメッセージやジョークを加えておくと女性の反応も上がります。
これこそ、アナログの勝利なのです。デジタルでは必ず達成できないティッシュ配りによるLINE ID配布よりドメスティックであったLINEが解放され、あなた好みの多くの女性にメッセージとして届きます。

【応用していくこと】

これを更に応用していくと、広告チラシのポスティングに学ぶこともできます。集合住宅によってはポスティングが禁止になっているところもありますが、深夜や早朝などにポスティングしていく業者は多いです。
あなたが先ほど作った気の利いたメッセージとともにLINE IDの入ったティッシュを集合住宅に配布してみるのも良いでしょう。
より効果を上げるために1ルームなどの女性限定マンションに狙いを定めると独身女性に届く可能性があります。
WEB上で、女性限定マンションの情報など山ほど検索可能です。
ここで、1点注意なのですが、ポスティングは犯罪ではありませんが、荒手すぎる犯行で不信感を感じた女性が警察に通報する可能性があるということです。あなたが罪に問われる可能性は住居不法侵入くらいでしょうが、リスクを伴う出会い方になると考えられます。

(まとめ)

LINEは出会い系のサポートツールとしては最強なのですが、それ自体が誰かと繋がる力は弱いです。いかに出会い系でいうところのメッセージ送信を行い女性にアプローチを掛けるかについては、街頭でのティッシュ配りから学ぶべきところが非常に多いと言えます。断られても諦めずにティッシュを配り続ける健気さは出会い系でメッセージを送る姿によく似ています。ぜひ参考にしてみて下さい。