季節限定LINEの棚卸で実行可能な出会い系

今回は季節限定ではありますがLINEを使った女性との出会い方について論述させていただきます。そもそもLINEは出会い系のサポートツールとしては最強ではありますが、それだけではただの通信機能を有しているツールに過ぎません。外部とのコンタクトを行うためには友達登録が必要になるという面倒さがあります。
こういった点も考慮しながら、限られた方向けにはなりますがLINEのみを駆使した出会い方について述べてまいります。

【春は異動の季節】

サラリーマンであれば全ての異動が3月に行われるというわけではありませんが、春季に異動が発表される企業が多いと考えられます。この「異動」には恐らく転居が伴いますので、それまで居住していた地域を離れるということが非常に重要な要素が含まれてきます。

【知り合いかも?の棚卸】

転居を伴う異動が決まった際は、LINE内の「知り合いかも?」を全て棚卸することで思いもよらない掘り出し物や、懐かしの思い出の品に再会できる可能性があります。
要するに、異動前で土地を出て行く前に、その土地の女性を正式にヤリ逃げしてしまおうという手法になります。この棚卸で得られる効果は「軽く顔合わせした程度の女性」へアプローチできる可能性があるということです。もし、その女性があなたの周囲の人間関係に影響を及ぼすような立ち位置であったとしても、今後の人間関係が崩壊しても良いはずです。
この女性へのアプローチには下記の3点が効果的であると考えられます。
・「最後だから」というお願いする
・「寂しい」と同情を乞う
・「実は好きだった」と嘘をつく

いずれもターゲットの女性を動揺させる効果があるものばかりであり、その動揺の隙に股を開かせるというものです。

【注意点】

近い人間関係の中の女性とはいえ身内が含まれている可能性があります。身内へのメッセージ送信により、あなたの愚行が露呈されてしまうことだけは避けましょう。しっかりと身内か否かの整理だけは行って下さい。

【できてしまっても良いという事実※お取り扱い注意※】

2度とその女性に会うことはありませんので、仮に避妊しなくとも外で出さずとも構いません。それで何かあったとしてもあなたはその土地から離れてしまっているので責任の追及のしようがありません。そもそも異動前だからという理由で股を開くような女は、他の男性にも股を開いているので、あなたの責任かどうかは不明です。
心置きなく普段は味わえない快感に溺れてみても良いのではないでしょうか?

(まとめ)

これまで、ヤリ逃げした女性にバッタリと繁華街で出くわしてしまったというケースはありませんでしょうか。同じ地域内でSEX後に姿を眩ませると、こういった危険性が伴いますが、その土地から離れてしまうということが決まっていればどうでしょう?
最後のダメ押しと言わんばかりに思い切りアプローチすることができると思います。この貴重な一時的なモラトリアムのような時間を大切にし、普段はサポート役に回ってしまうLINEを最大限活用して「知り合いかも?」の中から女性を見つけてみて下さい。